FC2ブログ

◆PMDA 井上眼科病院名誉院長の見解

PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)の判断 は、
科学的であるかのように見えても実はそうではありません。

「過去に報告がない」――つまり日本で初めて
発見した副作用を肯定的に捉えて科学の机上に載せようとする態度が、
みじんも感じられないのです。

しかも、この制度は患者さんを救済するためのものです。
相手は薬剤で、人ではないのですから「疑わしきは罰する」姿勢であるべきだと、
私は常々思っています。

ちなみに、この患者さんは薬剤中止後、明らかに改善してきています。
※詳細は、以下リンク先を参照してください。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/
(若倉雅登 井上眼科病院名誉院長) ヨミドクターの記事より

PMDA(Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)
PMDA=独立行政法人医薬品医療機器総合機構
ー心療眼科医・若倉雅登よりー

薬物の副作用、「前例がない」と認めないのは残念

 薬物の副作用は、その主作用から推定できる場合もありますが、
どうして生じたのかわからない想定外や未知のものも多いものです。

 わからないから「ありえない」のではなく、
わからないけれども「あったことは認める」という姿勢でないと、
科学的考察の機会は永遠に失われます。

ヨミドクター:心療眼科医・若倉雅登より

PMDA
医薬品の副作用や生物由来製品を介した感染等による健康被害に対して、
迅速な救済を図り(健康被害救済)、医薬品や医療機器などの品質、
有効性および安全性について、治験前から承認までを一貫した体制で指導・審査し(承認審査)、
市販後における安全性に関する情報の収集、分析、提供を行う(安全対策)ことを通じて、
国民保健の向上に貢献することを目的としている。

Sponsored Links

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

Secret

☆ロリポップ

◆資格取得◆

◆取りたい資格・ふたご

司法書士・社会保険労務士・行政書士・宅建ほか

☆自宅でネットビジネス

安全に改善

★膝の痛み改善

資格ガイド

◎メッセージ

◇次サイトも立ち寄ってみてね!


◆アフィリブログ

◆おいしい食べ物
 

☆美脚 足痩せ