Recent Post

        

【無料】 頭のよくなる「速読+記憶術」DVDプレゼント !

category - 速読
2017/ 07/ 24
                 
速読に興味を持つ方の中には、
「速読って記憶にいい」
ということで、はじめられる方が多いんですね。


学習意欲って、いつまでも
衰えないものですが、

肝心の記憶力のほうが衰えて・・・という
お悩み、多いんです。

そういうニーズにお応えして
作成された記憶術DVDが、
プレゼントされるキャンペーンです。

2016年7月20日(木)から7月27日(木)の8日間限定

【キャンペーン内容】
1冊20分で本が読めるようになる「速読術」が身につく

・速読オンライン講座(1ヶ月分)
・速読セミナーDVD 1枚
・記憶術セミナーDVD 1枚

「物覚えが悪くなった」
「すぐ忘れる・・・」
最近、こんな風なひとりごとを言っているのでしたら、
今回の無料プレゼントDVDを見るといいかもしれません。


脳に関する研究を40年以上の続けていらっしゃる
川村明宏先生の講演会DVDだそうです。

今回は、記憶術と関連した速読の話もあり、
速読のトレーニングがオンラインでできる講座も
1ヶ月無料でプレゼントされるそうです。


「あれ、なんだっけ?」と最近忘れっぽいな〜と思っていた
アナタには ウッテツケです!!


【期間・数量限定の無料プレゼントを手に入れる】


                         
                
Sponsored Links
                 
        

阿久悠 さん あの鐘を鳴らすのはあなた

category -
2017/ 07/ 23
                 
あの鐘を鳴らすのはあなた

作詞 阿久悠
作曲 森田公一

anata.jpg

阿久悠 さんて、ほんとうに良い歌詞を書きましたね!
才能としか言いようがない。

                         
                
Sponsored Links
                 
        

【オンライン講座初月無料+無料DVD2枚】1冊20分で読める!驚きの速読術

category - 速読
2017/ 07/ 20
                 
soku3.jpg
「速読の学校 オンライン講座」

7月20日(木)19時 ~ 7月27日(木)26時00分


もっと早く本が読めたら、
あなたの人生はどれほど変わりますか?

1冊20分で読めるようになる「川村式速読術」が
今なら無料で学べます。

川村式速読術

本を読むことで、人より早く、多くの情報を
手に入れることができたら、
あなたの人生はどれほど変わるでしょうか?

世の中は今、「情報社会」と言われます。

「情報社会」とは、情報が他の資源と同じように価値を持ち、
それらを中心として機能する社会のことです。

つまり、人より早く、質の高い情報を持つ人に
チャンスや豊かさが集まるのです。

実際、大学入試や資格試験はもちろん、
投資、新規事業開発、情報ビジネスなども、
「情報」が成功のカギを握りますよね?

しかし、社会人になればなるほど、
私たちは仕事や家庭の役割で忙しくなります。

ですから、

社会で活躍したり、豊かな人生を手に入れるには、
短時間で質の高い情報を集める力を身につける必要があります。

それを可能にするのが「速読」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

任天堂DS「右脳を鍛える 速読術」シリーズで有名な
速読の第一人者・川村明宏先生は
日本だけでなくアメリカでも速読法などの脳力開発の
特許を取得している著名な方です。

ますます「速読」が求められる今、
川村明宏先生たちが、すごいキャンペーンをやっています。

なんと!今なら「川村式速読術」のセミナーDVD2枚と、
1ヶ月分のトレーニング講座を無料で受けられます。


限定300名ということですので、今すぐご確認ください。

川村式速読術
※7/27までの期間限定なのでお急ぎください。

文章を速く読める「速読術」は、どんな人にも役立ちますし、
語学や資格、受験勉強で特に効果を発揮しています。
                         
                
Sponsored Links
                 
        

言いたいことをいっぱい発信した日野原重明さん!

category - 素敵な人
2017/ 07/ 18
                 
日野原重明(ひのはら・しげあき)さん死去!
105歳 聖路加国際病院名誉院長


18日午前6時33分、呼吸不全で死去。

人生を有意義に生きた、
人生の先輩。

小柄な体で、パワフルだった!

医師になって良かったですね。

葬儀は29日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の東京都青山葬儀所で。

★日野原重明(ひのはら・しげあき)聖路加国際病院名誉院長
1911年山口県生まれ。京都帝大医学部卒。
41年から聖路加国際病院に勤め、科医長、聖路加看護大学長、同病院長などを歴任。
02年度朝日社会福祉賞。05年に文化勲章を受章。
・専門は内科学。
成人病と呼ばれていた脳卒中、心臓病などを「習慣病」
と呼んで病気の予防につなげようと1970年代から提唱してきた。
旧厚生省は96年になって成人病を生活習慣病と改称した。

87年からは小学生を対象に「いのちの授業」を続けた。
著書多数。
90歳で出版した「生きかた上手」がベストセラーに。
=朝日新聞デジタル参照=

                         
                
Sponsored Links
                 
        

◆PMDA 井上眼科病院名誉院長の見解

category - 医療情報
2017/ 07/ 07
                 
PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)の判断 は、
科学的であるかのように見えても実はそうではありません。

「過去に報告がない」――つまり日本で初めて
発見した副作用を肯定的に捉えて科学の机上に載せようとする態度が、
みじんも感じられないのです。

しかも、この制度は患者さんを救済するためのものです。
相手は薬剤で、人ではないのですから「疑わしきは罰する」姿勢であるべきだと、
私は常々思っています。

ちなみに、この患者さんは薬剤中止後、明らかに改善してきています。
※詳細は、以下リンク先を参照してください。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/column/wakakura-masato/
(若倉雅登 井上眼科病院名誉院長) ヨミドクターの記事より

PMDA(Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)
PMDA=独立行政法人医薬品医療機器総合機構
ー心療眼科医・若倉雅登よりー

薬物の副作用、「前例がない」と認めないのは残念

 薬物の副作用は、その主作用から推定できる場合もありますが、
どうして生じたのかわからない想定外や未知のものも多いものです。

 わからないから「ありえない」のではなく、
わからないけれども「あったことは認める」という姿勢でないと、
科学的考察の機会は永遠に失われます。

ヨミドクター:心療眼科医・若倉雅登より

PMDA
医薬品の副作用や生物由来製品を介した感染等による健康被害に対して、
迅速な救済を図り(健康被害救済)、医薬品や医療機器などの品質、
有効性および安全性について、治験前から承認までを一貫した体制で指導・審査し(承認審査)、
市販後における安全性に関する情報の収集、分析、提供を行う(安全対策)ことを通じて、
国民保健の向上に貢献することを目的としている。

                         
                
Sponsored Links