FC2ブログ

★ニキビ跡ケア限定

☆9月18日(水)まで、ニキビ跡ケア限定

 「QuSomeレチノA」が付いてくる!

======================================

 ● ニキビ跡ケアトライアルセット限定!

 ● ニキビの後に“攻めのケア”ができる!
   ビタミンA美容液「QuSomeレチノA」が付いてくる






【1】なぜ、ニキビ跡にビタミンA?

  「QuSomeレチノA」が発揮する効果とは
  
===================================


 「ビタミンAって、シワに効く成分じゃないの?」

 「ニキビ跡にどんな効果があるの?」


その疑問にお応えします!



「QuSomeレチノA」には、
3種類のビタミンAが配合されています。


 ● 純粋レチノール

 ● レチノイン酸トコフェリル

 ● パルミチン酸レチノール





そのビタミンAは「ニキビ跡」に3つの効果を発揮します。


【1】高い抗酸化作用で色素沈着を防ぐ

  → ニキビの炎症で発生した活性酸素を抑える


【2】コラーゲンを増やし、凹みを押し戻す

  → 傷ついたコラーゲンを増やしクレーターをケア


【3】肌が生まれ変わるリズムを整える

  → 乱れていたターンオーバーサイクルを正常化



4点セットに、プラス1アイテムとして加えることで
肌のリズムを整え「攻めのケア」が実現できるのです!

◆8月19日(月) ~ 9月18日(水)

くわしくはこちら

Sponsored Links

theme : 美容と健康
genre : 心と身体

★ SEKAI NO OWARI 人類の行く末

15年くらい前に、

私は、タイトルだけ、

『世界の終り』という小説を「でじたる」で公開した。

その後、
「世界の終わり」という名の4人組バンドが
日本に出来たことを知った。

今日、そのグループは、
SEKAI NO OWARI とか、
海外で活動する際はEnd of the World
という別名義を使用するようになったとか。

所属事務所はTOKYO FANTASY。
所属レコード会社およびレーベルはトイズファクトリー。
2006年結成。

初めてグループの名を聞いた時、
「あれ、ミーが書いた小説のタイトルと同じだ」

と思い、
ずいぶん終末論的な名前のグループだな、
と。

令和の時代になり、
2022の地球再生計画とか、
南海トラフ地震、
地球温暖化による異常気象が
日常的に話題になるようになった。

これが、
今日的地球の状況だ。

一般の人間は、生き残ることが出来るのか。
他の惑星や衛星に移住できるのか?

Mr.H・Sによると、
2022には、一部の女性日本人と
ごく少数の日本人男性を残し、
地上の人間はみな焼かれてしまう、
とのこと。

選ばれた人々も、
記憶を消され、
脳に百科事典ほどの知識をチップで埋め込まれるとのこと。
男はその知識を吸収できないし、
今度も失敗作で、闘争的で戦争好きな男を創ってしまった、と。

5000年前、ノアの洪水で、
一般人は一掃され地上からいなくなり、
ノアの家族のみのこり、
その後、今日に至り、
この地球上には、人間がいっぱい繁栄したが、

神なるETさんは、今日の人類は失敗作だから、
焼き滅ぼしてしまうとのこと。

残された人は、記憶を消され、
別の地球に連れて行かれるとのこと。

もしかすると、
今日生き残り、反映した人類も、
重大な記憶を消されてしまったのかもしれない。

??

☆楽しいページ・令和の風

Sponsored Links

theme : 宇宙人
genre :

★ドストエフスキー処女作『貧しき人々』のこと

ドストエフスキー処女作『貧しき人々』

ドストエフスキーは、お金に困っていたということで、完成しない原稿について、原稿料の計算を繰り返したり、工兵 学校時代の

同窓で、同じ借家に住んでいたD・V・グリゴローヴィッチという新進作家に頼み、ネクラーソフに原稿を 渡してもらった経緯があったようだ。

 書き上げた作品には、渾身の思いを込めたという自信があった反面、(あの人はおれの『貧しき人々』なんか、一笑に付してしまうだろう!)と不採用への危惧で揺れていた。

 だが、D・V・グリゴローヴィッチとネクラーソフは、夜明かしして、ドストエフスキーの『貧しき人々』を読む結果になったという。それほどに感動を与えた作品だったというのだ。


 私も今、米川正夫訳で、河出書房から出された全集で、『貧しき人々』(現在この出版社の本は品切れのようなので、以下に新潮文庫のものを記載した)を読んでいる。

「ヴァルヴァーラ・ドブロショーロヴァ」の手紙の中で、家庭教師・ポクローフスキイとその父親について書かれた部 分を読んでいて、世の中に父子のことをこれほどに描き切ることが出来る人がほかにいるだろうか、と思うほどにひきつけられて読んでいる。

 生活苦のためだったからとも言えるが、自作をここまで商品として売り込んでいくドストエフスキーの気概は大したものだと思わずにはいられない。

 ドストエフスキーという人は、それだけ創作に打ち込んでいたし、ある面自信があったのだろうと思う。

 そしてまた、作品紹介を読んでいると、創作の背景に並々ならぬ努力の跡が感じられるのである。


貧しき人びと (新潮文庫)

☆楽しいページ・令和の風

Sponsored Links

theme : 本・音楽・映画・劇他・・
genre : ブログ

☆ロリポップ

安全に改善